頭皮湿疹対策

頭皮湿疹4つの種類と原因・症状・対策を知っておこう

更新日:

頭皮湿疹の種類は大きく分けて4種類

頭皮がとても痒い、フケが多くなった、なんか汁が出る・・・。

頭皮湿疹といっても、症状は全てが同じわけではありません。

原因がそれぞれ違うので、対策も変わってきます。

間違った対策をしてしまって、これ以上悪化させてしまったら・・・。

このページでは、頭皮湿疹の種類と原因、そして対策を発信しています。

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹は、頭皮の皮脂の過剰分泌によりマラセチア菌が増殖し、湿疹や炎症を起こします。

大きなフケ、湿ったフケができやすく、かゆみもあります。

剥がれ落ちたフケは、また瘡蓋になり繰り返しできやすい状態になりやすいです。

原因と症状

脂漏性湿疹の原因は遺伝・生活環境・ホルモンバランスの変化などがあります。

湿疹や炎症の原因は、上記の要因により過剰分泌した皮脂を餌にするカビ菌であるマラセチア菌です。

皮脂が毛穴に詰まれば炎症になりやすく、酸化して固まったりする臭いが発生します。

フケが増えて皮膚が厚くなったり、湿っぽいフケが増えて黄色ブドウ球菌による感染症の併発したり、赤くボチボチができたりもします。

対策

毎日しっかりと洗髪して、余計な皮脂を洗い流すことです。

ただ、過剰な洗髪は必要な皮脂も落してしまって、より皮脂の分泌が過剰になってしまう悪循環を生んでしまうので注意です。

シャンプーや頭皮のスキンケアには、抗菌成分が含まれているものを選びます。

痒みや大きな湿ったフケが出る場合には、医師の診断してもらうこと。

皮脂の過剰分泌は自律神経の乱れにより、交感神経が優位になって、男性ホルモンのアンドロゲンの分泌が増えて皮脂の分泌を過剰にしています。

自律神経を乱す、ストレス・睡眠不足・タバコといった生活環境や、カフェイン・アルコールなど食品に含まれるものにも意識を向けることが必要です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎で頭皮湿疹になる場合は、色々な要因が混合している状態が多いです。

アトピーによる円形脱毛症は先天性と後天性がありますが、後天性の原因に頭皮のアトピーが大きく関わっています。

頭皮アトピーといっても、湿疹よりも乾燥や感染症によるものが多いです。

原因と症状

頭皮アトピーは、頭皮の皮膚バリア機能の低下がトリガーになります。

皮膚が薄くなれば敏感になり、また水分が蒸発しやすいので乾燥肌になります。

乾燥肌になれば、刺激に敏感になり痒みを誘発するので、掻くことで皮膚の剥離や感染症に繋がります。

対策

頭皮の乾燥・感染症によるジュクジュク・湿ったフケや乾いた大きなフケ。

これらは脂漏性湿疹と乾皮症が、皮膚バリア低下によっておきている状態です。

保湿・殺菌が必要ですが、強すぎる殺菌は逆効果にもなります。

シャンプーは保湿だけでなく、かゆみを抑える消炎成分が配合されていれば、洗った後の痒みも違ってきます。

シャンプーだけでは保湿不足なので、頭皮のスキンケアも重要なポイント。

ホホバオイルで足らない皮脂の代替えをしながら、保湿・殺菌をしていくのもオススメです。

乾皮症(皮脂欠乏性皮膚炎)

頭皮の皮脂が少なく、異常乾燥した状態です。

頭皮の乾燥により、皮膚が正常のターンオーバーよりも早剥がれて、大量のフケ状態になります。

皮膚が薄く未熟な状態なので刺激に弱く、痒みも強くなりやすいです。

また、皮膚の剥離により皮膚と皮膚の間に細かい亀裂ができて、黄色ブドウ球菌やカビ菌などの感染症にもなりやすくなります。

原因と症状

乾燥肌の方がなりやすい症状です。

アトピーがある場合にもなりやすく、生活環境や頭皮の置かれる状況でも頭皮の乾燥状態になることもあります。

症状が弱い方は、空気が乾燥する冬だけ乾皮症になる場合もありますが、通年乾皮症で冬は特になる場合も。

年齢と共に皮脂の分泌量は減少するので、老化が原因の1つにもなります。

対策

頭皮の乾燥が大きな原因なので、保湿することが重要になります。

シャンプーは保湿成分が豊富なものを選び、洗浄成分も頭皮を乾燥させる石油系は避けるべきです。

ただシャンプーだけでは保湿力は足らないので、低刺激な保湿剤や育毛剤で水分を頭皮に留める工夫を。

皮脂の代わりになるホホバオイルもスキンケアにオススメです。

接触性皮膚炎

皮膚に何かしらの物質が接触することで起きるアレルギー反応を、接触性皮膚炎(接触アレルギー)といいます。

皮膚がかぶれたり、赤く腫れ上がったり、強い痒みも出ます。

元々アレルギー体質の方がなりやすいのですが、アレルギー体質でなくても「ウルシかぶれ」のように接触性皮膚炎になる場合もあります。

原因と症状

ヘアカラーやパーマ液、整髪料などの接触でかゆみ・ 赤み・腫れ・ブツブツの症状が出る接触性皮膚炎が起きる場合があります。

原因となった物質との接触が無くなれば、早期に治まるのが接触性皮膚炎です。

接触アレルギーの場合は、原因物質に対する免疫反応になるので、長期化する場合や重度になることもあります。

対策

シャンプーや整髪剤など、毎日使うものの成分で刺激やアレルギーになるか確認をしておくことです。

接触性皮膚炎は、頭皮の皮膚バリア機能が低下しているために出る症状なので、刺激になる成分を避けて、保湿や保護を意識したケアが重要になります。

元々皮膚が敏感な方は、ヘアカラーやパーマはやらないのも1つの選択です。

もし接触性皮膚炎になってしまったら、医師の診察を受けるべき。

頭皮湿疹じゃないけど、頭皮のトラブル

頭皮湿疹と関係が深い、頭皮のトラブルを紹介します。

頭皮ニキビ

頭皮ニキビは、毛穴汚れ、ひっかき傷、食べ物など原因は多様化しています。

脂性肌の場合、頭皮も同じく皮脂が多いので顔と同じように頭皮ニキビができやすいです。

皮脂や汚れが毛穴に詰まり、頭皮ニキビになるケースが多いです。

ホルモンバランスが不安定な思春期、ストレスや寝不足などの生活習慣も大きく関わってきます。

頭皮が乾燥してると、感染症にもよりますがフケだまりができて、頭皮ニキビができる場合もあります。

脱毛症

黄色ブドウ球菌や真菌によって、頭皮が感染症を起こすとジュクジュクして痒みも強くなります。

かさぶたができて、かゆくて剥がしたら毛も一緒に抜けてしまうことがあり、円形脱毛症のような状態になりやすいです。

毛根さえ生きていれば、また生えてきますが、生えても前よりも細く薄くなっていることもあります。

赤み・盛り上がり

頭皮を引っ掻いてしまうと、赤くなったり腫れて盛り上がったりします。

触ると痛い場合は、化膿することもあるので注意です。

赤くなるということは、炎症を起こしているので、引っ掻く以外で赤くなった場合は別の原因があります。

シャンプーが合わない・スタイリング剤が頭皮についた・カラーリングやパーマをかけたなど。

頭皮の痒み

頭皮湿疹や頭皮トラブルで、一番共通するのが痒みです。

痒みが出るということは、痒みを起こす刺激になる原因がどこかにあります。

皮膚バリア機能が低下していると、刺激に弱くなって痒みに繋がります。

頭皮湿疹の対策で重要なポイント

頭皮湿疹の原因は大きく分けて4パターンありますが、共通する対策は重要なポイントになります。

頭皮湿疹対策の重要なポイント

  • 洗髪は最初の流水、シャンプー後の流水を長めにして、しっかり落とす。
  • シャンプーは無添加アミノ酸系は当たり前、保湿成分をしっかりチェック。
  • 洗浄成分が入っていないので、コンディショナーやトリートメントは使うべき。
  • ドライヤーできちんと髪を乾かす。
  • パーマ・カラーリングは頭皮ダメージを考えて。
  • 爪切りして、頭皮を掻いてしまったときのダメージを最小限に。
  • 睡眠不足だったり、ストレスを溜めこまないで。
  • 食べ物や飲み物は、油・ヒスタミン・カフェインに注意。
  • シャンプーだけじゃ足らない頭皮の保湿ケアに、オイルや頭皮環境重視の育毛剤がオススメ。
  • ジュクジュクしてたり、フケが尋常じゃない場合は医師へ相談。

-頭皮湿疹対策
-, , , , , ,

Copyright© 頭皮湿疹はシャンプーの見直しから!かゆみ・フケ・ジュクジュク対策は成分が重要! , 2018 All Rights Reserved.